About | 朗読者

「朗読者」とは、2013年より埼玉県川口市で始まり、現在川口・東京・鎌倉を中心に展開中の文化プロジェクト。

朗読×音楽×美術×まち
アートを通し体感する文学が、まちの歴史を紡ぐ

 朗読と音楽と美術を組み合わせるだけでなく、そこに‘まち’を融合させることで、公演そのものをインスタレーションとして提示する「まったく新しい朗読」です。

まずは『文学を、体感する。』
そこに居合わせた人々がただ受身として‘観る・聴く’のではなく、‘体感する・経験する’朗読。

 読書離れが進む昨今。
 “読む”という行為が難しいのであれば、“聴く”という気楽さで、更には、音・灯り・空間演出他、アートという形を通して感覚で捉える楽しさで。小説の作品世界が観客の目の前に立ち上がってくる、まるで「飛び出す絵本」のような公演で、子供から大人まですべての人に、文学作品・読書に親しむきっかけ作りを提案してきました。


そして『まちを、体感する。』
歴史的・地域的特色のある会場と、そのまち特有の産業に注目した美術。

 場所の歴史的背景や存在価値・特質に注目した演出により、人々が改めてその場所を意識し魅力を発見する糸口を提供。 まち特有の産業や文化を積極的に美術として活用することで、常に身近であるそれらの新しい表情を見出すと共に、地域の独自性を再確認する端緒となるよう働きかけてきました。

文学とまち。
それぞれの接し方を変えてみることで‘身近さ’を取り戻す。

 その明確な姿勢とあるようでなかった切り口に好評を得て、2016年度までに朗読者 in KAWAGUCHIを中心に、東京神保町公演、他組織からの上演依頼、子供の会など、計20本を上演しています。