2017年7月27日木曜日

それは「台詞」とも違うもの

2017年7月27日

用意された言葉を覚えて、日常の会話のように話すのは、本当に難しい。
鏑木清方氏の「幽霊の写生」は氏の話した内容を書き取ったものです。そのため、物語のように言葉は流れていかない。稽古のたびにつっかかります。
話し言葉に向き合うこと。そして挫けないこと。大きな課題のひとつです。

奈佐健臣 旧田中家住宅


▼奈佐健臣『佇む朗読者日記』過去のまとめ▼
https://roudokusha.blogspot.jp/p/blog-page_19.html